0コメント

大相撲春場所は朝青龍が白鵬下し22度目の優勝…貴乃花に並ぶ

YOMIURI ONLINEによりますと、大相撲春場所千秋楽(23日・大阪府立体育会館)――ほぼ13年ぶりとなる横綱同士の2場所連続相星決戦で、朝青龍(27)が白鵬(23)を小手投げで退け、13勝2敗で4場所ぶりの復活優勝を飾ったそうな。 朝青龍は22度目の優勝で、歴代4位の貴乃花に並んだそうな。白鵬は4連覇を逃したそうな。

テレビで見ていたのですが神田川俊郎が砂被りで観戦していました。20日も砂被りで観戦してました。朝青龍が優勝を決めて花道を引き返してくると競馬の「アドマイヤ」の冠号でお馴染みの近藤利一が待ちかまえていて朝青龍と抱き合っていました。近藤利一は支度部屋の中の朝青龍の様子を写した映像にも写っていました。近藤利一は朝青龍のタニマチで去年の騒動のときにも朝青龍の見舞ってましたし、初場所で優勝を逃した朝青龍は千秋楽の高砂部屋の打ち上げを中座し近藤利一は2人で飲んでいたと話を週刊文春で読んだ記憶があります。

表彰式には大阪府知事の橋下知事と宮崎県知事の東国原知事も表彰に来てました。橋下知事は小泉前首相の「感動した!」のパクリみたいな表彰でした。アラブの国だかの表彰で副賞の「ガソリン一年分」というアナウンスが放送されたときの場内のどよめきが笑えました。

朝青龍が優勝して相撲協会としては両目が開いたという感じではないでしょうか。今日の取り組み直後に白鵬が足を引きずっていたのが気になりますね。来場所も出場して欲しいものです。相撲以外の部分では中日の解説に元千代の富士の九重親方が解説に登場したのが良かったですね。

さて朝青龍に優勝回数が並ばれた貴乃花親方は「私のことは置いておいて、時間が短く、攻防がなかったように見えました」と物足りなさを口にしたそうです。貴乃花親方には両横綱を脅かすような力士を一刻も早く育ててもらいたいものですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック