0コメント

大相撲初場所は白鵬が朝青龍破り優勝

YOMIURI ONLINEによりますと、相撲初場所千秋楽(27日・両国国技館)――5年4か月ぶりの横綱同士による相星決戦で、白鵬が、朝青龍を上手投げで下し、3場所連続6度目の優勝を決めたそうな。

朝青龍には勝って欲しかったのですが、この先の大相撲を考えたらこの結果で良かったのかもしれませんな。朝青龍がいなかった2場所で優勝していた白鵬は暫定的な東の横綱という感じでしたが、これで文句のない東の横綱と言えると思います。追われる立場から、追う立場に変わった朝青龍が次の大阪場所でどのような巻き返しをしてくるかがまた楽しみになりました。

2人の横綱と大関の間の差はどうにかならないものなんでしょうか?内舘牧子さんと愛子様のお気に入りの琴光喜は千秋楽でやっと勝ち越しを決めてましたし、琴欧洲もなんとかカド番は脱出してました。日本人で期待できそうな力士は今場所、朝青龍を破って殊勲賞をもらった稀勢の里くらいでしょうか。豊真将も伸び悩んでますね。ロシア、東欧勢も一時の勢いが感じられませんね。

私は今日の結びの一番のような面白い相撲を見せてくれる力士ならどこの国の人でも別にかまいません。でも、もっと上位の2人の横綱を脅かす若手がもっと台頭してきたら、もっと相撲は盛り上がると思うのですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック