0コメント

元時津風親方を逮捕へ

YOMIURI ONLINEによりますと、大相撲の時津風部屋の宿舎で、序ノ口力士だった斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山(ときたいざん)=が急死した事件で、愛知県警は、昨年6月25日から翌日にかけて繰り返された一連の暴行が死につながったと判断し、初場所終了後の来月上旬にも、傷害致死容疑で山本順一・元時津風親方(57)(元小結双津竜)と、暴行の中心になった兄弟子3人の逮捕に踏み切る方針を固めたそうな。

やっとという感じですね。事件から半年たって、やっと逮捕へですから。でもまだ逮捕はされていません。しかし、初場所の優勝争いが盛り上がっているこの時期に、逮捕というわけでもないのにこの発表はなんだかタイミングが微妙ですね。

朝青龍の問題ではいつも厳しい事を言っている内舘牧子さんをはじめとする横綱審議委員のみなさんもこの事件に関してはほとんど発言をしていないのが私は非常に気になります。死者が出て、刑事事件になろうとしている事件と横綱な素行の問題ではどう考えても前者の方が重大な問題だと思うのですが、横綱審議委員のみなさんは横綱以外の事に関してコメントしてはいけないのでしょうか?

ZAKZAKによりますと、内舘牧子さんは千秋楽翌日に開かれる定例の横綱審議委員会を欠席するそうな。内舘牧子さんは場所前に朝青龍に対して引退した力士扱いしたり、12勝以上できなかったら引退勧告するような事を言ってましたね。内舘さんのお気に入りの琴光喜が二場所休んで「引退したはずの」朝青龍にまたしても負けてましたね。これで28連敗ですか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック