0コメント

「オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史」を読んだ

パトリック・マシアスの「オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史」を読んでみました。

パトリック・マシアスとは映画評論家の町山智浩がアメリカで見つけたオタクライターでTBSラジオ「ストリーム」の「コラム花道」にも何度か出演してました。

この本はまず表紙が衝撃的です。「うる星やつら」のラムちゃんのコスプレをした白人の女の子がデカデカと表紙になっています。特にコスプレをしている白人の娘の顔やスタイルが悪いというわけではないのですが、何とも言えない怪しさを醸し出しています。左下に「デ・ジ・キャラット」好きのネオナチ娘のDちゃんが小さく心霊写真のように写っているのもちょっと不気味です。

基本的には日本のアニメや漫画、特撮がアメリカにどのように輸出され、アメリカ人の目にどのように映り、そして受け入れら、アメリカ人のオタクが誕生したかということが書かれています。

アニメ以外にもアメリカで史上最悪のテレビ番組の35位にランクインした「ピンク・レディー・ショー」や島田陽子が出ていた「将軍 SHOGUN」や深作欣二監督の「宇宙からのメッセージ」についても紹介されているのが非常に興味深く感じられました。「ピンク・レディー・ショー」は低視聴率のためわずか5回で打ち切りになったそうなのですが、アメリカではこの番組のDVD-BOXが発売されたようです。ちょっと見てみたい気がします。

「マクロス」はアメリカでは「ロボテック」として放送され人気もあったそうです。「マクロス」に声優として出演し主題歌や挿入歌を歌っていた飯島真理はこのころアメリカに住んでいて、アメリカのオタク向けのイベントに呼ばれてもなかなか出てくれなかったり、出ても「マクロス」関係の曲を歌うことをかたくなに拒否していたそうです。日本にいる頃もこういった姿勢だったのですが、最近は「マクロス」関連の仕事もやっているようです。余談ですが映画版の「ガンダム」の主題歌「砂の十字架」を歌っていたやしきたかじんは最近の吉田豪のインタビューで封印したい汚点と語っていました。




オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
太田出版
パトリック・マシアス

ユーザレビュー:
アメリカの規制や勝手 ...
紆余曲折の米国オタク ...
正確です。著者と同じ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック