0コメント

「ネットカフェ難民と呼ぶな」、ネットカフェの業界団体が声明を発表

Internet Watchによりますと、お客様を「ネットカフェ難民」と呼ばないで──。最近の報道などでよく用いられるようになったこの言葉について、日本複合カフェ協会(JCCA)が使用を止めてほしいと訴えているそうな。JCCAによると、「ネットカフェ難民」についてのセンセーショナルな報道の影響により、風評被害で実際に利用者が減っている店舗もあるそうな。

この記事でJCCAは広辞苑の「難民」の定義を紹介しているのですが、広辞苑の定義は「戦禍・政難を避けて放浪する亡命者」となっているそうな。不況とそれに伴う雇用環境の悪化を厚生労働行政がどうにかできなかったから「ネットカフェ難民」が誕生したと私は思うので「政難を避けて放浪する亡命者」でも間違いはないような気がします。

ちなみにウィキペディアでは
ネットカフェ難民(ネットカフェなんみん)は、ホームレスの一種で、定住する住居を所有せず寝泊りする場としてインターネットカフェを利用する人々を指した造語。
と書かれています。思いつきり「ホームレスの一種」と書かれてますね。

一方、YOMIURI ONLINEには「ネットカフェ難民は全国で5400人」という記事がありました。これは厚生労働省による発表となっています。本当に5400人しかいないのなら、今年中はちょっと無理でも今年度中には何とかできるのではないでしょうか?安倍改造内閣の厚生労働大臣は舛添要一氏でしたね。万が一、この5400人という数字に間違いないなら年金問題より先にさっさと片付ければ「実績」になる思うのですが、まぁ「ネットカフェ難民」を救ったところで選挙の票には直接つながりそうもないのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ネットカフェ難民、20代を中心に全国で5,400人
  • Excerpt: ネットカフェ難民(住所不定でインターネットカフェを泊まり歩く人)が全国で約5,400人もいることが、28日厚生労働省の実態調査で分かりました。年齢層としては20代が27%と最多で、50代も23%おり、..
  • Weblog: ニュース【情報源】:芸能 ニュースや今日のニュース
  • Tracked: 2007-08-29 02:15