0コメント

「ジュークボックス英会話 I Just Called to Say I Love You」を見た

今週もNHK教育の「「ジュークボックス英会話」を見ました。

今週はスティーヴィー・ワンダーの「I Just Called to Say I Love You」が取り上げられていました。スティーヴィー・ワンダーは嫌いじゃないけど、「Just Called to Say I Love You」じゃないくても、色々といい曲はたくさんあるのにと思いました。

「I Just Called to Say I Love You」の歌詞の内容は四季折々の出来事を織り込みなが"I love you"が言いたくて電話をしたのというもので、確かに綺麗で技あり的な歌詞になっていると思いましたが、歌詞も曲もあっさりしすぎてる気がします。今日はなんだか番組も全体的にあっさりした感じがしました。中田有紀さんの衣装が赤かったのは「Just Called to Say I Love You」が入っているアルバムが「Woman In Red」のサントラだったからですかね。映画の方は見たことがありません。

ウィキペディアでスティーヴィー・ワンダー改めて引いてみると、この「Just Called to Say I Love You」はもともと日本の男性デュオであるブレッド&バターの為に書かれた曲で、ブレッド&バターの方は「特別な気持ちで」というタイトルになっていて、日本語詞は呉田軽穂(松任谷由実)が書いているそうだ。これはちっと聞いてみたくなりました。ブレッド&バターというと私は「ピンク・シャドウ」しか知りません。しかも山下達郎がカバーしたやつしか聞いた事がありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック