1コメント

森進一に川内康範氏が激怒、「おふくろさん」は二度と歌わせない

ZAKZAKによりますと、森進一(59)が無断で「おふくろさん」にセリフを加えたことに激怒した作詞家の大御所、川内康範氏(86)20日午後、都内で緊急会見し「もう、歌わせない」と声を震わせたそうな。
騒動のきっかけは昨年大みそかのNHK紅白歌合戦。森は「おふくろさん」を歌う際に、川内氏のオリジナルの歌い出しに、≪いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした(以下略)≫などの語りとメロディーを付け足して歌い始めた。これを見た川内氏は、「ワシの作ったものじゃない」と驚き森に説明を求めた。しかし、約束したを森側が体調不良でキャンセルしたため、怒りが増幅。この日の会見となった。

正直、森進一にはほとんど興味はないのですが、川内康範氏がまだ生きていたのに驚きました。私にとっての川内康範氏は大物作詞家と言うより、「月光仮面」、「愛の戦士レインボーマン」の原作者というイメージが強いですね。特にレインボーマンの挿入歌の「死ね死ね団のテーマ」が素晴らしいというか凄まじいですね。サウンド的にはジャジーでファンキーな感じでかっこいいのですがおよそ106回も「死ね」と言っている歌で一度聞いたら忘れられません。レインボーマンはその話の内容もかなり過激でユニークなもので今の地上波のテレビで放送ができないと思います。

川内康範氏のインタビューは竹熊健太郎の「箆棒な人々」で読んだのですが、熱い人という感じ意外あまり覚えていません。しかし、森進一もエライ人を敵に回してしまったものですな。

余談ですが松本零士と槇原敬之の盗作騒動とは似ているようで全く違いますね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 月光仮面はウルトラマン・仮面ライダーになれなかった

    そんなに文句があるなら、てめえ(川内)が自分で
    歌えって。
    それから、森が歌った事で得た収入も返上しろよ。
    別に森進一のファンでもないけど、クソジジイいらん。
    2007年03月04日 00:54

この記事へのトラックバック