0コメント

【人生案内】快楽のためのセックスは恥

読売新聞のの人生相談の「人生案内」からなのですが、快楽のためのセックスは恥と思っている40代、会社員の男性の話です。

この40代会社員は結婚当初は、妻の求めに応じ数回関係を持ったそうな。その後も妻の要求が続くので、「晩婚なのに色気づくのははしたない」「妻には清楚(せいそ)でいてほしい」「女を感じないからその気になれない」と言い放ち関係を拒み、寝室も別にしたそうな。しかし、どういうわけか、この40代の会社員はそろそろ子どもが欲しいと思い、妻にその事を告げると、「今更あなたの子どもを作る気がしない」と言われたそうな。両親も初孫を望んでいるし、「本来の動物の営み」で家族を作りたいというのがこの相談者のお悩みです。

回答者の立松和平は当然、この相談者を自己中心的で、この相談者の言葉に奥さんはそうとう傷ついているはずで、奥さんは相談者をもう愛しいいないかもしれないとまで言い、相談者に考え方を改めることを説いています。

しかし、この相談者の「(セックスは)快楽のためにするのは恥ずかしいことで、子孫を残すのが目的」、「『本来の動物の営み』で家族を作りたいのです。」という発言に頭がクラクラしてきました。いまどきの40代でこんな考え方を持っているのが不思議ですね。どういう育ち方、育て方をすればこんな人間ができるのか?仕事はどんなことをしているのか?職場での同僚の評判はどうなのか?この人について色々と知りたくなってきます。

奥さんはこの相談者の、「本来の動物の営みで家族を作りたい」という要求を拒否することでこの相談者への第一の復讐を遂げたわけですが、奥さんの復讐がこれで終わったとは私には思えません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック