0コメント

架空請求で1400万円騙し取られた男

YOMIURI ONLINEによりますと、さいたま市西区の男性会社員(28)が「携帯電話の有料サイト使用料未納分を支払ってほしい」などと携帯電話で架空の請求を受けたうえ、20回にわたって指定された銀行口座に計約1400万円を振り込み、だまし取られていたことが26日、わかったそうな。
調べによると、5月31日午後0時半ごろ、男性の携帯電話に、債権回収会社の社員を名乗る男から「携帯電話の有料サイト使用料の債権を引き継いだ。未納分4万2000円を支払ってほしい」と電話があった。 男性は「2年前に使ったかもしれない」と思い込み、指定口座に3万7000円を振り込んだ。翌6月1日にも別の回収会社員を名乗る男から電話で98万円を要求され、男性は40万円を振り込んだ。 その後も複数の男から請求を受け、男性は振り込みを続けたが、12日、再び最初の男から電話があったため、男性が「身に覚えがない」と訴えたところ、男は「払いすぎなので、回収するために裁判をしよう」と言って裁判費用を請求。結局、男性は6月14日までに計20回わたり計約1400万円を振り込んだという


この28歳男性会社員は被害者なんだけど同情できないですね。「お人よし」のレベルを遥かに超えていますね。それにしても1400万円も払えるところが凄いですね。親から借りて払いつづけていたそうなんですが、親も騙されていると思わなかったところも恐れ入ります。

しかし1400万円もよく払い続けましたねぇ、かなり裕福なのでしょうか、このこの28歳男性会社員の家族は?1400万円あったら場所によっては家が買えたりしますよね。いいカモですね。複数の詐欺グループによったかってカモにされるお人よし。私もこんなお人よしのお金持ちとお友達になりたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック