0コメント

第73回日本ダービーはメイショウサムソンが優勝、二冠達成

第73回日本ダービーは1番人気、石橋守騎手騎乗のメイショウサムソンが優勝し、皐月賞、ダービーの二冠に輝きました。詳しい成績、払い戻しはこちら

私は相変わらず馬券は買わずにテレビ観戦していたのですが、メイショウサムソンは強かったですね。土曜日は雨が降り続いていて、今日はレースのときには晴れていたのですが馬場は稍重、1枠2番に入ったメイショウサムソンは天気も運も味方したかたちになりましたが、レースぶりを改めて見ると実力もダービー馬、二冠馬にふさわしいものを持っていると思います。柴田善臣騎手騎乗のアドマイヤメインもよく頑張ったと思いますが、メイショウサムソンのレース巧者ぶりが一枚上だったようですね。着差はクビですが、メイショウサムソンは「着差以上に強い勝ち方」をしたと思います。

私はフジテレビを見ていたのですが、二冠馬が誕生したのにほとんど三冠の可能性の話がほとんどでなかったのが残念でした。菊花賞は強力なマヤノトップガンやヒシミラクルのような強烈な上り馬が登場しない限り、勝ちそうな気がします。あとはメイショウサムソン自身が故障しないことですね。道中こ好位につけられて、直線で確実に伸びてくるメイショウサムソンは去年の追い込み一本のデープインパクトに比べると安定間がありますね。2ちゃんなどでは「デープインパクト=ミスターシービー」、「メイショウサムソン=シンボリルドルフ」という書き込みがちらほら見られました。デープインパクトの唯一の黒星が先行したハーツクライを捕らえられなかった有馬記念でしたね。はやくデープインパクトとメイショウサムソンの直接対決が見たいものですね。ちなみにミスターシービーはシンボリルドルフに一度も先着できなかったようです。

石橋守騎手もよかったですね。押し出されたような1番人気でしたが、スタートも道中の位置取りも、追い出しのタイミングも全て完璧だったきがします。アドマイヤメインをかわしたところで、強く追っていなかったことにスーパー競馬のゲストに来ていた岡部幸雄が驚いていて、かなり興奮していたのが笑えました。

メイショウサムソンと同じ父オペラハウスのテイエムオペラオーにもレースぶりが似ている気もします。私はテイエムオペラオーは好きではなかったのですが、デープインパクト一色のJRAと競馬マスコミの今の状態を見ているとメイショウサムソンにはオペラオーくらい強くなってもらいたいと思ってしまったりします。

余談ですがNHKマイルを勝ったロジックが5着に入っていたのには驚きました。ロジックは今週よりも来週の安田記念の方がいい勝負になりそうな気がしていたのですが。無理してダービーを使わなくてもよかった気がしますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック