0コメント

WinnyかShareで中部電力での火力発電所資料が流出

INTERNET Watchによりますと、中部電力は14日、同社の尾鷲三田火力発電所(三重県尾鷲市)の防災資料などがファイル交換ソフトを通じてインターネット上に流出していたことが判明したと発表したそうな。核物質防護に関する情報や顧客情報は含まれていないそうな。

流出した情報は同社の関連会社である中電防災が所有する資料で、中電防災尾鷲三田事業所の作業員17人の名簿(2001年度)、同発電所の防災地図、不法侵入者発見時の対応要領、防災緊急時の連絡体制などが含まれていたそうです。中電防災の従業員が自宅の私有PCに資料を保存していたのが、ファイル交換ソフトを通じて流出した模様で14日にマスコミからの指摘で発覚したそうだ。指摘したマスコミとはどこなんでしょうか?やっぱり毎日新聞のサイバーテロ取材班かな?

この事件の笑えるところは1月にも中部電力はWinnyによる情報流出を起こしていて、2月以降はShareを使っていてこの事件に至ったということです。「Winnyがダメなら、Shareを使う」という分かり易い頭の悪さが笑えますね。二度あることは三度あるとい言いますかから、この次も何かしでかしてくれるはずですな。

電力会社は日本ではほぼ独占企業で、よほどのことがあっても潰れないからいいですね。しかし、この程度の管理もできない会社が原子力発電所をもっているというのは、あの国やあの国が核をもっているのと同じくらい危険なことかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック