0コメント

「誤読日記」を読んだ

斎藤美奈子の「誤読日記」を読んでみました。「誤読日記」は00年~04年「週刊朝日」、「アエラ」連載された書評175本をまとめた本です。

私は斎藤美奈子の本はけっこう読んでいるのですが、「週刊朝日」、「アエラ」はほとんど読んでいなかったので、この本を読むまで斎藤美奈子の書評は知りませんでした。斎藤美奈子の本はほとんど過去に書かれた本について書かれているので斎藤美奈子の本はすべて書評のようなものと言えばそうなんですけど。

00年~04年の間のタレント本から文学まで175冊を扱っているので、私はちよっと懐かしいような感じがしました。花田憲子の「凛として」としてなども扱っていますが、この間に花田憲子は藤田憲子にもどり、初代貴ノ花も亡くなってしまいました。「芸妓峰子の花いくさ」は当時は私は全然知りませんでしたが、「SAYURI」のモデルになった人が書いたようですね。

ジャンルを限定せず、そのときの話題の本を取り上げているところは素晴らしいと思います。また、時にはパステーシュのような技(斎藤美奈子がネタにしている本の作者や作中の人物が憑依したような状態で書かれてるような文体)まで駆使する斎藤美奈子の書評はある意味エンターテイメントになっています。

私が1つだけ気になるのは、斎藤美奈子の文章が読みやすいためだと思うのですが、書評を読んだだけでその本を読んだような気分になってしまうところです。読書感想文の宿題にはいい本かもしれません。

誤読日記
誤読日記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 読書メモ『誤読日記』
  • Excerpt: 切れ味の良い文章が良かったです、斎藤美奈子。この書きたい放題書きまくる、という感じが良いです。しかも切れ味抜群、どれも揚げ足取りな気もするけど爽快です。175冊の本を紹介しています(多分)。タレント本..
  • Weblog: 自由の森学園図書館の本棚
  • Tracked: 2008-11-22 20:38