1コメント

Winnyで北海道武蔵女子短大 受験生の合否情報流出

毎日新聞によりますと、北海道武蔵女子短期大学(小林好宏学長、札幌市北区)の04年度受験生延べ約1000人分の住所や氏名、合否結果などの個人情報が、Winnyを介してネット上に流出したことが3日、分かった。入試システムを開発した会社の社員(37)の自宅パソコンがキンタマウイルスに感染したためとみられるそうな。

流出した情報は、
04年度一般入試と推薦入試の受験者の個人情報。氏名、生年月日、住所、電話番号、出身高校に加え、合否結果や試験の得点などがネット上に流れた。被害にあった多くが道内に住む当時18~19歳の女性だった。また、保護者の氏名、住所、電話番号なども流出した。合否結果は「0」「1」などと数字で記述されているが、同じファイル内の別の項目で「0:不合格」「1:合格」などと、記号の意味が説明されている。
だそうです。合否の結果が氏名、生年月日、住所、電話番号、出身高校と一緒に流出するのはマズイですね。ところで、北海道武蔵女子短期大学どんな短大なんでしょうね?初めて聞きました。毎日と言えば週刊誌のサンデー毎日で大学の合格者の情報を載せてますが、あれは氏名は当然載っていませんよね。有名大学の合格者の出身高校別の一覧が載っているんでしたっけ?

この事件で一番驚いたのは、
入試システムを構築したのは、OA機器商社「大丸藤井」(札幌市白石区、藤井敬一社長)。流出させた社員は、自宅で仕事をするためパソコンにデータを入れていた。社員は流出について、毎日新聞の取材を受けるまで気付いていなかった。 同社によると、今回流出した入試情報は、同短大から04年8月にシステム開発を依頼された際、「このようなデータを処理するシステムを作ってほしい」と言われ、参考資料として提供されたものだったという。実際の入試データを渡した点について、同短大側は「どんなデータを渡したか、(現時点では)把握していない」としている。
という部分ですね。大学がシステム構築を依頼した会社にどの程度の情報を渡したか把握していなというのは・・・。また流出させた社員は毎日新聞の取材を受けるまで流出の事実を知らなかったといのも驚きですね。と言う事はこの事件は文部科学省はもちろん、官房情報セキュリティ対策推進室 よりも毎日新聞の「サイバーテロ取材班」が最初に見つけたのではないでしょうか?おそらく、「サイバーテロ取材班」は24時間2ちゃんのDL板に張り付いているのでしょうね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • あけみ

    武蔵女子短大は北海道の短大では、3本の指にはいるレベルの高い短大です。
    北海道では四大などまったく相手にならないくらいの就職率を誇る学校で社会の評価がかなりたかいそうですよ。
    この私立学校定員割れの中でまったく定員割れすることのない、かなりハイレベルな学校だそうで・・・とにかく就職といえば、この学校というくらい、有名だそうで、航空関係や銀行など、かなりの大手企業に就職させているそうです。
    かわいいこも多いと評判で、近隣の北大から、絶大な人気を誇ってるそうです。
    2006年04月04日 20:06

この記事へのトラックバック