0コメント

Winnyで13万人分の個人情報が流出

毎日新聞によりますと、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」のネットワーク上に、約13万人分に及ぶ大量の名簿が流出していることが5日、分かった。名簿には、住所、氏名、勤務先のほか携帯電話番号などの個人情報が記載されており、ウィニーの個人情報流出としては過去最大の件数。流出元は不明だが、不特定多数の人にダイレクトメールを送りつけるなどの目的で作成した可能性もあるそうな。

流出した情報は、
毎日新聞が入手した資料には、九州・沖縄を除く各地の人々の住所や氏名、生年月日、電話番号、携帯電話番号などの個人情報が並んでおり、03年12月に作成されたものだった。 「A関西」「B四国」など地域ごとに分類され、名簿には勤務先の住所や電話番号、所属部署なども含まれていた。
だそうです。

また、
B東京」の名簿に掲載されていた毎日新聞東京本社の男性社員は「数年前から何度か、覚えが無いのに金融業者からの電話がかかってきたことがある。その金融業者は『名簿が業者間で出回っておりそれに基づいて電話をかけている』と言っていた。覚えの無いローン会社からのダイレクトメールも届いたことがある」と話している。
とも書かれています。

一方、北海道新聞ではこの事件に関して、
北海道関係は四千八十八件。住所は札幌や旭川、釧路など道内のほぼ全域で、職業も会社員や公務員など多岐にわたっている。勤務先の所属部署や独身か既婚かなど、踏み込んだ内容が含まれていた。 今回、流出した個人情報の内容は詳細なため、名簿が企業や団体が作成した「原簿」ではなく、業者が不特定多数にダイレクトメールを送りつける目的で作成した疑いもある。
と書いてます。

2ちゃんでは流出元探しなどもおこなわれています。やはり金融関係が流出元ではないかと言われています。

WinnyはおろかPCもさわったことがなくても知らないうちにネットに個人情報が流れてしまうというのは、酷いインターネットですね。13万人ですからね。政府は「Winnyを使うな」と言う以外に対策はうたないのでしょうか?Winny/キンタマウィルスによる情報の流出は十分社会不安になりつつあると思うし、国益を損なう問題になりつつあると思います。民主党は党首選なんて呑気にやっているみたいですが、小沢一郎と管直人にもこの問題を語ってもらいたいものですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ファイル交換ソフトから個人情報が漏れる
  • Excerpt: 業務用PCにファイル交換ソフトをインストールさせない、個人情報を社外に持ち出させない、といった管理が必要です。また、無料のWinnyウイルス対策ソフトも出回り始めている。≫ディアイティが「Winnyト..
  • Weblog: ぱふぅ家のホームページ
  • Tracked: 2008-10-03 22:08