0コメント

Winnyで住基ネット情報流出を流出 北海道斜里町職員

毎日新聞によりますと、操作マニュアルや接続パスワードなど住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)に関する情報が、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を介してネット上に流出したことが28日、分かったそうな。

流出させたのは北海道斜里町職員で、キンタマウィルスに感染したためWinnyで流出といういつものパターンのようです。流出した住基ネットの情報とは、
毎日新聞が入手した資料によると、「住基ネット」というフォルダーなどに約20のファイルが入っていた。住民基本台帳の個人情報は含まれていないが、中にはCS端末の操作担当者が不在の際に使うとみられるマニュアル既存の業務ネットワークと住基ネットとの橋渡しをするコミュニケーションサーバー(CS)や端末パソコンの不備を修正するマニュアルなど、同ファイルには、「朝9時過ぎたら電源onに」「パスワード入力画面が出たら××と入力する」「××の画面が出た場合、戸籍住民係に電話して」など使用手順を記載。ファイル作成日は02年10月だった。また住基ネット全国センター(東京都)が、各市区町村の住基ネット担当課長に送った「セキュリティホール(防御の弱い部分)の対策について」という通知文もあった。04年8月3日付文書で、CSとCS端末で使うブラウザー(閲覧ソフト)のぜい弱性を説明、速やかに対応することを求める記述があり、対策をとらないと攻撃者にパソコン制御を乗っ取られる危険性があるとしていた。
ということらしいです。住基ネットの端末が乗っ取られれる前に住基ネットのマニュアルを流出させるとは、とても親切ですね。長野県などでは住基ネットの侵入実験などを行っていましたが、「スパーハッカー」でなくてもこれなら正面玄関から堂々と住基ネットにお邪魔できそうな気がします。

警察、自衛隊、原発の情報なども流出しているので住基ネットの情報が漏れるのも不思議ではないですね。私は住基ネットの存在自体忘れてましたが、住基ネットって何かの役に立っているんですか?IT関連企業を儲けさせる、無駄な公共事業のような感じがするのは気のせい?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック