0コメント

Winnyでトレンドマイクロの営業資料が流出

INTERNET Watchによりますと、トレンドマイクロは27日、同社の営業資料などがP2Pファイル共有ソフト「Winny」のネットワーク上に流出していたことを明らかにしたそうな。

トレンドマイクロによれば、2005年3月の時点ですでに確認しており、営業先の企業などには個別に連絡し、「ご理解していただいた」とそうな。理解なんてものは概ね願望に基づくものですが。

この社員は自宅PCにウイルス対策ソフトを利用していなかったそうです。「紺屋の白袴」あるいは「医者の不養生」といったところですかね。トレンドマイクロのこの社員に対する処分はあきらかにされていませんが、その後、2005年中に処分とは別の理由で退職したそうだ。

Winny流出の事件としては久しぶりに面白い事件ですね。去年というか約1年も前の話を今になって発表するというのはトレンドマイクロは正直、オープンな体質を持つ企業ではないようですね。隠蔽体質があるというのはこの手のセキュリティのソフトを作っている会社としては致命的ですね。確か去年もウィルスバスターに致命的なバグがあってPCが固まっちゃう事件も起こしていましたねぇトレンドマイクロは。私はウィルスバスターは幸い使ったことがありませんが。

海自の流出事件の後に、陸自も空自も流出が発覚しましたが、ウィルス対策ソフトを作っている会社のキンタマウィルスによる情報流出もこれを機に続けて発覚してしまうのではないかと勘ぐってしまいたくなります。シマンテック、マカフィーなどは大丈夫なのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック