0コメント

白鵬、栃東に破れる

大相撲、春場所十二日目、関脇白鵬は大関栃東に破れ、1敗に後退。横綱朝青龍は魁皇を破り1敗を守りましたとさ。

白鵬はこののまま優勝まで突っ走るかと思いましたが、割とあっさり栃東に負けてしまいましたね。立会いで2回も呼吸が合わなかったのは、大関昇進がほぼ決まったことによる慢心というより、優勝が見えてきたことのプレッシャーではないかと思います。白鵬は先場所も栃東には敗れています、なんとなく相性もよくないように感じます。

明日は白鵬は琴光喜と、朝青龍は千代大海との取り組みとなります。琴光喜は勝ち越しを決めているので、おそらくそれほど抵抗してくるとは思えませんが、今日の白鵬の様子だと取りこぼす可能性もないとは言えなくなってきたような気がします。

2敗の若の里が非常に不気味な存在ですね。今場所、東前頭11枚目の若の里は今まで上位との対戦がなかったわけで、普通に考えればこの先も上位との対戦はないわけで、場合によっては優勝の可能性がないわけではありません。しかし、朝青龍と白鵬の二人の優勝の可能が高いと思います。

魁皇はいよいよ後がなくなりましたねぇ。明日は出島と当たるわけですが、どうななんでしょう?とりあえず千秋楽までは土俵に上がり続けると言っていますが、できれば勝ち越して欲しいと私は願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 栃東 力士生命の危機
  • Excerpt: 栃東 脳疾患で力士生命の危機 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000015-spn-spo 休場理由が「高血圧」だったんで、??っ..
  • Weblog: 裏ニュース速報24時
  • Tracked: 2007-03-23 18:29