0コメント

Winnyで東京地裁書記官が個人情報149人分流出

Yahoo News 時事通信によりますと、東京地裁書記官の私物パソコンから、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を介し、競売などの当事者の個人情報149人分がインターネットで流出していたことが24日、分かったそうな。

最高裁によると、流出したのは東京地裁民事部の40代男性書記官が、処理の参考にするため、過去の決定文をまとめたファイルなどの文書約1000件。この中に、当事者の住所、氏名など149人分の個人情報が含まれていたそうです。

お定まりの自宅でWinnyを使っていてキンタマウィルスに感染、自宅に職場のファイルを持ち帰りPCにコピーして流出というケースであります。公務員というのは仕事熱心なのかただのバカなのか?公務員はPCは使わない方がいいのでは?全部、紙に戻したほうがこういった情報漏れは起こりにくくなるのではないでしょうか。帰りの電車や飲み屋に忘れるバカは何人か出るでしょうが、Winnyに流れて回収不能になるよりはマシでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック