0コメント

憂歌団の「シカゴ・バウンド」を聞く

ひさしぶりにiTMSをじっくりと眺めて憂歌団の「シカゴ・バウンド」を買いました。しかし、iTunesのセキュリティ問題はどうなったんでしょう?トップのページで「Just for you」というのが新しくできていたけど、あれが怪しい。勝手にあなたにおススメの曲を選んでいるけど、購入履歴から探ってますなぁ、アレは。正直、ああいうのはしらけますね。出たり、出なかったりするし、USAでは出てこない。

憂歌団の「シカゴ・バウンド」は「めくらのレモン」という部分がちゃんと聞けるのかという興味で買ってみました。私が持っている「憂歌団 ベスト・コレクション」には「ピー」が入っていて「らのレモン」としか聞こえません。iTMSの「シカゴ・バウンド」は「めくらのレモン」とちゃんと聞こえました。

憂歌団のiTMSでのトップダウンロードは「おそうじオバチャン」。これも放送禁止になっているんですよね。「お政治オバチャン」と歌いなおしたと聞いたことがあるんですが、これはガセ?

憂歌団の「リスナーはこんな商品も購入」のところにエリック・クラプトン、マディー・ウォーターズに混じって「八代目 桂文楽」とあるのがいいですね。文楽の落語はブルースなのか!志ん生の方がブルースっぽい気がする。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック