ぶら〜りネット探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 第157回 天皇賞(春)を見に行った

<<   作成日時 : 2018/04/30 12:45   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

京都競馬場へ春の天皇賞を見に行ってきました。

レースは直線に入って1番人気のシュヴァルグランが先頭に立ち、4番人気のクリンチャーが2番手に追い込んできたところに馬群の間から2番人気のレインボーラインが突っ込んできて、ゴール前でシュヴァルグランをかわして優勝しました。

馬券はレインボーライン、ガンコ、サトノクロニクルの単複、1枠2頭の複勝とアルバートの複勝を買ってみました。サトノクロニクルは騎乗していた川田将雅がこの日、絶好調で奇数のレースばかり4勝していたので買ってみました。

スタート直後のレインボーラインのポジションが去年ほどではないにしても中団よりも後ろだったので、これは3着も難しいかと諦めていました。しかも、シュヴァルグランはガンコのすぐ後ろの3、4番手でレース進めているのでこれはピンチと思っていたら、向こう正面でサトノクロニクルが好位に向って上がっていきました。これが呼び水となり3コーナーにかかると好位にいた馬が動き始めシュヴァルグランも4コーナーを回るところでガンコに並びかけ、横綱相撲で勝ちに行き、勝利に手がかかかったと思われた瞬間、内から猛追してきたレインボーラインにクビ差かわされた形になりました。

去年のレインボーラインはスタートが悪く、道中もポジションを取りにいくよりも折り合いだけに専念して残り3ハロンしか勝負をしていないという感じでした。前走の阪神大賞典ではマクリ気味に3コーナーから仕掛けて快勝、天皇賞では残り3ハロンで末脚を爆発させての勝利。確かに馬が変わったように思えました。

レインボーラインのレースを初めて見たのはアーリントンCからで馬券を買ったのはニュージーランドTからです。NHKマイルで3着に来たのに驚いて、札幌記念でネオリアリズム、モーリスに喰らいついて3着に入ったときはさらに驚き、これはもしかしたらGTも勝てるかもと思って馬券を買い続けていました。去年、馬券に絡んだのは泥んこ馬場をキタサンブラック、サトノクラウンを追いかけた秋の天皇賞だけでした。馬券を買い続けていると非常にモヤモヤした思いさせられる馬です。しかし、そのモヤモヤを一気に晴らしてくれる日が来るんじゃないかと思って馬券を買い続けてきました。

ゴール直後にレインボーラインに騎乗していた岩田康誠騎手はすぐに下馬。下馬する所を見ていなかったのでオルフェーヴルみたいに岩田を振り落としたのかと思っていたら、「なんか様子がヘンです…」という感じで岩田は再騎乗することもなく、レインボーラインは馬運車に乗ってコースを去りました。優勝馬不在の表彰式は初めて見ました。口取りの代わりに岩田がレインボーラインのゼッケンを持って記念撮影をしていまし。来月の『優駿』でもあの写真を使われるのでしょうか?岩田の勝利ジョッキーインタビューも沈痛な表情で重苦してものでした。この日のレーシングプログラムの裏表紙がテンポイントだったのがちょっと不吉なサインに思えたりしました。数時間後に右前肢ハ行という診断が発表されとりあえず安心しました。今週中に再度精密検査をするそうです。レインボーラインの能力は今回、充分証明できたと思うので、このまま引退でもしょうがないかと思います。ただGTタイトルが3200メートルの春の天皇賞だけでは種牡馬になるのは難しいかもしれません。ちなみに昨日は2012年の春の天皇賞の勝ち馬であるビートブラックが誘導馬を勤めていました。

この日の表彰式のゲストプレゼンターは沢村一樹でした。表彰式の後のトークショーで話していましたが沢村一樹は『浅見光彦シリーズ』をやっていて、レインボーラインは浅見秀一厩舎の所属でした。私には「セクスィー部長」と去年の朝ドラ『ひよっこ』で記憶喪失になる父ちゃんの印象が強かったので浅見光彦のことはすつかり忘れていました。

ステイゴールド産駒のレインボーラインが阪神大賞典を勝ち、ナカヤマフェスタ産駒のガンコが日経賞を勝って春の天皇賞に出走するということで生で天皇賞見てみたくなって淀まで行ってみました。指定席の抽選は先行でi-Seatがはずれ、一般抽選でA指定でもはずれてしまいました。しかし、金曜日の12時半からの発売でi-Seatを取ることができました。

京都のi-Seatはビッグスワンの7階にあります。中山のゴンドラ席みたいな構造で隣が貴賓室のためなのか内装が雅で落ち着いた感じで競馬場の中というよりもホテルのロビーかラウンジみたいな感じでした。とても競馬場の中とは思えない静寂に包まれいたのが驚きでした。府中や新潟のレースが始まっても叫んだり、机を叩いたりするする人はいませんでした。ドキュメント72時間でやっていた銀閣寺の近くにある私設図書館みたいな雰囲気でした。京都のレースは屋外にあるベランダのようなスペースで観戦できるようになっていました。i-Seatはどこでも4コーナー寄りにあるため、一番ゴールに近いところでもゴール前200メートルくらいの所になります。

4レースの未勝利戦ではアフリカンゴールドとメイケイゴールドのステイゴールド産駒の1、2フニッシュでした。先に抜け出したメイケイゴールドをアフリカンゴールドが追い込んでゴール板でハナ差かわしていました。アフリカンゴールドはゴドルフィンの持ち馬。ゴドルフィン最近、勝負服が海外と同じくブルーに変わっています。ステイゴールドがゴドルフィンの持ち馬を海外で2回破って優勝していたことを思い出しました。ちなみにメイケイゴールドはメイケイレジェンドの全弟でステマ血統の馬です。


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第157回 天皇賞(春)を見に行った ぶら〜りネット探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる