ぶら〜りネット探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラを聞いた

<<   作成日時 : 2018/03/06 23:40   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

菊地成孔が音楽を担当した『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラを聞いてみました。今年のJR東日本のスタンプラリーがガンダムというのは関係ありません。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のアニメの方はYouTubeで予告しかみたことがありません。菊地成孔のラジオを聞いていて『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラの特集をやっていたのはリアルタイムで聞いていましたが、その時はまったくピンときませんでした。YouTubeでアニメの予告を偶然見たら音だけ聞いている時よりも良かったので、とりあえずサントラを買ってみました。

『サンダーボルト・メインテーマ用』のドラムのソロから始まり、ベースをピアノがユニゾンで追いかけるイントロに痺れました。全体的な疾走感も素敵でした。ジャズなんて日常では菊地成孔のラジオくらいでしか聞かないんですが、このサントラのジャズにはまいりました。UAとやった『cure jazz reunion』と『恋の面影』が入っている『夜の歴史/菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラールの十年』は聞いたことがあります。


このサントラは二部構成で前半がジャズ、後半が50年代アメリカン・ポップス、カントリーになっています。既成曲は一曲もなく全てこのサントラのために書き下ろされた曲です。
アメリカン・ポップス、カントリーよりもジャズ、歌ものよりもインストの方が好きです。

アニメの予告を見ていたらガンダムに乗っているイオ・フレミングの声がカラ松の声の人だということに気が付きました。「ジャズが聞こえたら俺が来た合図だ、ブラザー」と聞こえてしまう。イオ・フレミングというのは『007』シリーズの原作者イアン・フレミングから何でしょうか?ちなみにシャア・アズナブルはフランスのシャンソン歌手のシャルル・アズナヴールからだそうです。シャルル・アズナヴールは存命です。

イオ・フレミングの宿敵ジオン軍のダリル・ローレンツの足は義足。昔、近所の神社の縁日で義足の傷痍軍人がアコーディオンを演奏していたのを思い出しました。あの光景はトラウマです。

オリジナル・サウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」/菊地成孔

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラを聞いた ぶら〜りネット探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる