ぶら〜りネット探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『CHOICE BY 堀込泰行』を聞いた

<<   作成日時 : 2017/03/26 10:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

元キリンジの堀込泰行によるカバーアルバム『CHOICE BY 堀込泰行』を聞いてみました。

のん(aka能年玲奈)が出演しているLINEのCMにキリンジの『エイリアンズ』が使われていて一部話題になっているようですが、今回紹介するのは『CHOICE BY 堀込泰行』です。のん繋がりでは現在のKIRINJIのメンバーであるコトリンゴは『この世界の片隅に』の音楽と主題歌を担当していました。

『CHOICE BY 堀込泰行』で堀込泰行が選んで歌っているのは60〜70年代の洋楽の曲です。誰でも1度は耳にしたことがあるような有名な曲ばかりです。CMなどでもよく使われる曲もあります。

私は一番驚いたのは1曲目の『Cruel To Be Kind』です。この曲はニック・ロウの1979年のヒット曲ですが、落語家の三遊亭円丈が1981年に『恋のホワン・ホワン』というタイトルでカバーしています。私の中では三遊亭円丈の『恋のホワン・ホワン』のイメージが強いため堀込泰行がカバーしているような錯覚に陥りました。

トム・ジョーンズの『It’s Not Unusual』を選んでいたのも意外でした。トム・ジョーンズと堀込泰行は声質も歌い方も全く違うのに凄くできが良いと思います。アレンジは割りとオリジナルに忠実です。しかし、チープなシンセとリズムボックスの音色とオリジナルにはないブルース・ハープがアクセントになっているのが聞きどころです。

『Oh Pretty Woman』にはドラムは入っていないにピアノのアレンジのせいでに非常に疾走感と清涼感にあふれた仕上がりになっています。堀込泰行とロイ・オービソンの声はちょっと似ているような気もしました。

『This Masquerade』のギターのイントロはなんだかレッド・ツェッペリンの『天国の階段』みたいに聞こえました。『This Masquerade』は去年なくなったレオン・ラッセルの作曲でジョージ・ベンソンやカーペンターズも歌っていました。この堀込泰行の『This Masquerade』を聞いていたら面影ラッキーホールの『四つん這いスウィーツ』の元ネタは『This Masquerade』なのではないかと思ったりもしました。

ホール&オーツの『Rich Girl』を選ぶところはさすがに捻りが効いているなと思いました。オリジナルはソウルというかR&B風味の『Rich Girl』をフォーク風味にアレンジしているところが堀込泰行らしさを感じます。
『Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree』は『幸せの黄色ハンカチ』の主題歌だったと思っていました。ウィキペディアで調べてみたらテレビドラマ版の『幸せの黄色ハンカチ』の挿入歌が『Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree』だったようです。この曲が一番、堀込泰行らしい選曲だと思いました。

全体的には非常にチープな音作りで初めて聞いたときはデモテープを聞いているような気分にもなりました。しすし、チープな音作りだからこそ堀込泰行の歌が強調されているように思えます。

“CHOICE

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『CHOICE BY 堀込泰行』を聞いた ぶら〜りネット探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる