ぶら〜りネット探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS プリンスの死について

<<   作成日時 : 2016/04/25 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

アラビアン・ブリンスでもフレッシュ・プリンスでもなくプリンス・ロジャー・ネルソンさんが亡くなってしまった。

今年は大物ミュージシャンの死が続きますね。デビッド・ボウイ、モーリス・ホワイト、キース・エマーソン、グレン・フライ。ジョージ・マーティンも亡くなっていましたね。

プリンスはやはり突然でショックでした。ライブも見たことがありました。プリンスはファンク、R&Bを教えてくれたミュージシャンでした。スライもジョージ・クリントンもブーツィー・コリンズもまだ生きているのに早すぎます。

私が見たのは1990年 Nude Tourの東京ドームでした。ツアー・タイトルどおりセットや演出が地味だったのが少し残念でした。Parade TourかLovesexy Tourが見たかった。

ヨミウリ・オンラインは「【訃報】プリンスさん=米ロック歌手」と伝えていました。確かに一番売れた『パープル・レイン』はロック色が強いアルバムだったので「ロック歌手」という見方も間違いではないと思います。プリンスの弾くギターの方がロックだった気がします。

私は『パープル・レイン』よりも『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』や『サイン・オブ・ザ・タイムズ』の方が好きですね。『ラズベリー・ベレー』や『It's Gonna Be A Beautiful Night』といった曲かは今でも聞きます。『It's Gonna Be A Beautiful Night』は1986年 Parade Tourの横浜スタジアムでの録音です。アルバムがリリースされた時よりも色々とファンクやR&Bを聞いてから今聞き直すと面白さが全く違って聞こえます。シンセサイザーではなく生のホーン・セクションが入っているところがゴージャスで良いですね。

映画も『パープル・レイン』よりも『サイン・オブ・ザ・タイムズ』が良かったですね。『パープル・レイン』は劇映画で『サイン・オブ・ザ・タイムズ』はライブをほぼそのまま撮った映画でした。昔の新宿ピカデリーで見た記憶があります。ライブの『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のプリンスのギターが凄いブルージーで驚いた記憶があります。YouTubeで検索したら出てきたので改めて見てみたらプルースと言うよりはブルース・ロックという感じでした。

改めて映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』を調べてみたら2014年に2週間だけ再上映されていたようです。今はなき吉祥寺バウスシアターでも上映されていたようです。ブルーレイにもなっているようですが、もう一回スクリーンで見てみたい気がします。立川のシネマシティあたりでやってくれないかな。

トム・ジョーンズの『Kiss』やTLCの『If I Was Your Girlfriend』などカバーなどもけっこうされているプリンスですが矢井田瞳は『Nothing Compares 2 U』を歌っていたりします。シニード・オコナーの表記がいつの間にかシネイド・オコナーに変わっていました。とんねるずの『母子家庭のバラード』の曲とサウンドの元ネタは『パープル・レイン』ですね。

4月24日の東京競馬場の10レースにヒラボクプリンス、12レースにはパープルセイルという馬が出走していたので複勝馬券を買ってみたのですが全くダメでした。

N.W.Aの伝記映画ができるくらいなのでプリンスの伝記映画も是非、見てみたいですね。話のメインはワーナー・レコードとの確執で配給はワーナー・ブラザーズでお願いしたい。

ご冥福をお祈りします。
サイン・オブ・ザ・タイムズ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プリンスは「ブラックアルバム」発売中止騒動がありましたね。数年してブートレグを手に入れ、かなり後になって正規盤を手に入れました。ブートは音は悪いんだけど(レコードから音を録っている)、ファンクっぽいラフな雰囲気が出ているから好きですね。
Log
2016/04/26 15:37
Logさんコメントありがとうございます。私は『ブラックアルバム』は正規版でしかきいたことがありません。う〜ん、正直かなり無理している感じで、本人は納得いかなかったんじゃないかと思います。今年もまたジェームス・ブラウンの映画公開されるそうです。『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』今度はドキュメンタリーだそうです。今年はエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画も公開されます。
dorobune
2016/04/26 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プリンスの死について ぶら〜りネット探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる